私は結婚後、早く赤ちゃんが欲し

私は結婚後、早く赤ちゃんが欲しいと思い、妊活の本や雑誌に葉酸の摂取は、妊娠の前から続けていくと胎児がすこやかに発育するのには最も良いと、共通して書かれていたため、すぐに妊娠に備えてサプリメントを飲み始めました。


これはいつまで飲んだら良いのか気になって確かめてみましたが、過剰摂取だけ気をつければ葉酸は子供にも母体にも必要だと書かれており、出産まで葉酸を摂ることに決めました。2人目が出来るといいなと妊娠するのをのんびりと待っていたら妊娠しないまま3年の月日が経ったので自分自身か夫の体の状態に悪いところがないか気になりだしました。

最初の子をしっかりと育てるためにも長生きする必要がありますし、これをチャンスと捉え徹底的に検査を受けて、問題なしであれば妊活に入りましょうと二人で話し合って決断したのですが、今思ってみればこの話し合いが妊活を決めた瞬間になります。当然ですけど、妊娠または出産とは、夫と妻の協力が不可欠です。

これは何を意味するかというと、妊活において男性の協力はなくてはならないものだということです。子供を産むのは女性だからといって、もしかすると、妻がすべき活動と想像する人も多いかもしれませんが、夫の協力が得られなければ、妊娠の可能性は低下してしまいます。胎児が母体内ですこやかに育っていくために、葉酸は所要量を毎日摂取したいビタミンだとすっかり有名になりましたが、そもそも熱によって分解されやすい栄養素なので、食材から所要量を全て摂ろうとすると大変なことが多いようです。水や熱によって失われる葉酸を減らせるような調理法を知ることも大事だと思いますし、サプリメントや錠剤などで計画的に補うことも多くの場合は必要になるでしょう。


お子さんをほしがっているご夫婦に、摂っておくと良い栄養素に葉酸が挙げられています。


ビタミンB群の一つである葉酸は、B群から独立してビタミンMとも言われることがあります。

良質の赤血球を作るために必要なビタミンですが、血液に限らず、全身の細胞分裂を盛んにするのにはこの栄養素がどうしても必要なので、妊娠するためには夫婦どちらにも重要です。さらに、子宮内膜を厚くふかふかにするためにも葉酸は大事な役割を果たし、これが受精卵を守り、育てていくので妊娠する確率が高くなります。


もし、妊活をしているのなら、さまざまなことに気を付ける必要が出てきます。

風邪薬の服用については、それほどまでに心配する必要はありません。
しかしながら、少しでも妊娠することに良くない影響が及んだらどうしようと考え出すと止められない場合は、風邪薬の服用の可否を、医療機関に尋ねてみましょう。


妊活の結果が長らく出なければ、心も体も疲弊していきます。
ストレスがあることにより生殖機能が低下させられますので、そのまま継続しても負の連鎖となる恐れもあります。

ですので、思い切って妊活を休止したほうがいい場合もあるのではないでしょうか。


事実、止めてから自然と妊娠できたという人は少なくありません。

年齢のタイムリミットを考慮し、医師ともよく話し合って一時的に休んでみることもいいかもしれません。実際問題として、たくさん葉酸を摂ろうと思えばその方法は実に多様です。


誰でもすぐひらめくのは食事から葉酸を摂ることでしょう。
しかし、水溶性で熱に弱いのが葉酸の性質であり、通常の場合はともかく、妊婦にとって必要な量を食事だけで摂ろうとすれば妊娠中ずっとと考えると、実に大変なことです。

必要な葉酸を確実に摂りたいならば、サプリメントや錠剤、強化食品などで補うのが良いでしょう。

飲むタイミングは、食事の後が一番良いとされます。食生活の見直しや体を適度に動かすなど具体的な妊活を頑張っていると、そのうちやる気がなくなってくる人も出てくるでしょう。その様な場合にはストレス解消のためにいわゆる「子宝神社」に参ってみてはどうですか。一度、神様に頼んでみることも結果として元気が出ることになるかもしれません。

簡単に妊活と言っても、赤ちゃんを授かるという命の仕組みを何とかしようというものなので必ずしも良い結果が得られるわけではないのです。
なので、途中でやめてしまう方も多くいるのですが、残念なことだと言えます。

成功確率は上がっているので、そんなに重くとらえないで焦らずに継続してみましょう。